Q13


父の死後,多額の借金が見つかりました。借金も相続しなければならないのですか?
 


相続放棄または限定承認をしない限り,原則として法定相続分に応じて借金も相続することになります。
 

(解説)


被相続人が亡くなられて,相続が発生した場合,原則として,自己のために相続が開始したことを知った時から3か月以内に家庭裁判所に対して,相続放棄や限定承認の手続をとらない限り,被相続人の借金については,各相続人の法定相続分に応じて分割されて各相続人が承継することになります(なお,遺言で借金を引き継ぐ者や引き継ぐ割合について指定がされている場合であっても,債権者が同意しないかぎり,原則として,債権者に対しては,遺言の内容どおりの借金の相続を主張することはできないとされています。)。
 
そこで,被相続人の遺産よりも借金が多いことが明らかな場合等は,相続放棄の手続をすれば,借金の相続を免れることができます。また,被相続人の資産及び借金の内容が不明の場合には,限定承認の手続をすることも考えられます。
 

まずはお気軽にお電話下さい!

どんな些細なお悩みでもお伺い致します。お気軽にご相談下さい!

※お電話での法律相談は行っておりません。お電話はご予約のみとさせて頂いておりますので、予めご了承下さいませ。

●当事務所の特徴
●ご相談の流れ
●当事務所の解決事例
●弁護士紹介
●弁護士費用
●アクセスマップ

初回相談無料 法律相談のご予約はこちら 096-278-8580 受付時間:平日9:00~18:00  相談時間:夜間・土・日・祝日要相談
事務所紹介弁護士費用弁護士紹介

Contents menu

Access
熊本リバティ法律事務所 熊本県熊本市中央区花畑町1-7 MY熊本ビル5階 市役所前駅 徒歩1分 096-278-8580 受付時間:平日9:00~18:00  相談時間:夜間・土・日・祝日要相談
アクセスはこちら

熊本リバティ法律事務所 HPバナー画像.gif

熊本の弁護士による女性のための離婚相談

ImgLS8.jpg

Copyright © 熊本リバティ法律事務所 All Rights Reserved. 熊本県熊本市中央区花畑町1-7 MY熊本ビル5F